私の肌には合わなかったニキビケア商品

私は小さいころから、肌トラブルを抱えて生きてきました。

小さい頃はアトピーがひどく、よく関節などの汗が溜まりやすい場所がただれてしまっていました。

そのため、中学・高校でもニキビに悩まされる日々を送っていました。

皮膚科に受診しにいっても、どうしてもニキビを治すことができず、ニキビのある自分の顔がどんどん嫌いになっていき、自分に対して自信を持つことができなくなってしまいました。

ニキビ早く治すため、友人に勧められ「プロアクティブ」を使うようになりました。

初めはプロアクティブを使った効果が出ていました。 今まであったニキビが消えてなくなっていたのです。 私はこの効果に感激し、その後もプロアクティブを使い続けました。 しかし、この判断がこします。 プロアクティブの刺激の強さに私の肌がついていけなかったのです。

他のニキビケア商品よりも、刺激の強いプロアクティブは肌の弱い私にとっては逆効果となってしまったのです。 初めのころニキビがなくなっていたのも、後から皮膚科にみせに行ったときに知ったことなのですが、中学・高校のころは成長期でもあるため、肌の組織が生まれ変わりやすく、ニキビができたり消えたりするそうです。

そんな知識のなかった私は、プロアクティブを信じ使い続けてしまったのです。 そして、皮膚科でニキビが治らなかったのも、成長期でケアをしてもどうしてもニキビが消えないようになってしまっていたからです。

このように、プロアクティブの刺激の強さが私の肌にはあっておらず、肌トラブルを招いてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です