眠い時は半分嘘だと思って下さい

眠い時は酒を飲んでいるのと同じと前書きましたが、確かに判断力も、ついでに恥も外聞もなくなっていきますね。
何だか、眠い時間帯に、愛犬と話していて、誰かが見ているのをすっかり忘れて、愛犬に話しかけている自分がいます。
眠いと、本当に分からなくなるものですね。

10月も金が使えないですし、取り合えず、習い事はするとは思っています。前々から言っている、水墨画と書道はやります。
深く突っ込む方法として、ルーツである中国に行くというのはどうなでしょうか。
ごめんなさいね、眠くて結構書いている事の半分がノリです。
でも、中国の師匠みたいな人について、最高の画家、書家というのはどうなのでしょう。

ただ、暇なら日本人にありがちな肩書欲しいですね。会派の会長だとか、常任理事だとか、書道の会長って何をするのか、それこそ名前だけという気もしますけどね。

まあ男って確かに肩書が、特に弱い部分もあります。書道の師範って何か凄いかと聞かれると、僕は疑問ですけど、名前としては凄く聞こえます。
でも、100歳まで書道と絵をやっていたら、やっぱり有名になるのですかね。それならちょっと目指してみたいとは思いますね。
専門学校とか行ってみたいですね。遊んで暮らす生活素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です