学歴拘ってましたね。

一時期、学歴への拘りが凄い時期がありました。
今は絵画に関しては特に突っ込んで学びたいとは思いますけど、現実的かどうかというと、まあ焦らずにという事ですね。

何かを学ぶ時は、やはり、学費というものが関係してきますけど、国立音楽院が160万くらいで、これを一括で納めた場合、その間、貯めこんでおいても、結局、本格的に学ぶのは40超えてからだなと思います。
趣味や道楽ですから、別に良いとは思います。
18でどこに進学するという高校生の話を聞きますが、実際、進学なんて幾つでも出来るのではないでしょうか。
若い子たちとコミュニケーションが取れればですけどね。
大学によっては、僕より高齢の方が学んだりしているようです。
それは20代の子たちと考え方もまるで違うでしょうね。
いつも大学に興味ないと思っている理由に、僕は大体若い子と会うと思わないからですね。
ああいう所を友人作りの場と考えるなら、ちょっと年が行き過ぎると苦しい気がしますね。まあ、親の知り合いで、40超えて大学院に行くとか言った人がいたらしいですけど。
金が勿体ないというのもかなりあります。
40超えてから、遊びながら諸国漫遊という目的があるのですから、学校に四年間もかけたくないのが本音です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です