マニラを旅して感じたこと

先週、フィリピンのマニラに旅行に行って来ました。 フィリピンは治安の悪さなど、行く前はネガティブなイメージしかなく少し心配でしたが、場所にもよりますが、十分に気を付けていれば問題はありません。 ただ、スラム街のような場所もあり、そういった場所は確かに治安は悪いですし雰囲気も怖いです。 日本では当たり前の光景のスマホ歩きをしようものなら、スマホをひったくられる可能性は大きいです。 危険な地域でなくても、親しげに話しかけてきて食事に誘い、トイレなどで席を外した隙に飲み物に睡眠薬を入れられる昏睡被害も頻発しているようです。

フィリピンへの渡航に先立って旅行会社からも口酸っぱく言われましたが、夜間の外出は避ける、声をかけられても無視する、高価なものは身に付けないなど、自分で気をつけてさえいれば、トラブルに巻き込まれることはほとんどありません。 世界標準では当たり前のことですが、平和であることが当たり前だと思っている日本人にとってはこれらのことに常に気を付けるのは意外に難しいかもしれません。 日本に居る感覚のまま海外に行って気持ちが大きくなり舞い上がってしまうケースは多いのではないかと思います。 確かに平和であることに越したことはありませんが、マニラのようにある程度の危険と隣り合わせの環境の方がいい意味で人間を用心深くし、緊張感を持たせる効果もあると思いますので、人間にとってどちらがいいのか一概には言えません。

マニラは、インフラ整備においては凄まじい勢いで進んでいますが、サービスの質の点においては課題は山積みだと思います。 人材の育成はどの国においても課題となっていますが、フィリピンやインドネシアなどの東南アジアの国々は、優秀な人材がアメリカなどに移住してしまう頭脳流出の問題を抱えています。 加えて、マニラの貧富の格差は歴然としています。 スラム街がある一方で、東京都心のような高層ビルが立ち並ぶモダンな街や高級住宅街もあり、貧しい地域と豊かな地域がはっきりと分かれています。 市場経済だとどうしても格差の問題はついてまわりますが、国全体としてどうやってその格差を小さくしていくのか、1000万人近くもいるといわれる海外出稼ぎ組に頼った経済をどう維持していくのか、フィリピンの課題は山積みです。 それでもマニラの人は明るいしエネルギッシュです。

たった数日間の滞在だったため、まだまだ表面的にしかフィリピンという国を見れていませんが、この度の旅行で当初フィリピンに対して抱いていたネガティブなイメージはかなり払拭されました。 色々問題も多いフィリピンですが、将来はセブ島に移住してゆっくり暮らしてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です